コンビニ

大手コンビニチェーンがエロ本の販売を終了するというニュースがありました。
今までコンビニでエロ本を買っていた人はどこで買えばいいんだろうか…

パソコンやスマホでいくらでも画像は見れますよね、ネットの海に漂ってますから。
なので買う必要のない環境の方も多々いるはず。でもそれができない人もいる。

コンビニで売ってるってことは売れてるってことだと思うんですよ。
コンビニは売れない商品は置かないってのが普通みたいですし。
ネットで見ない、見れない、そういった人たちにはエロを仕入れるいい場所だったかと。

なにかのアンケートで、エロ本を買いますかという問いに対して、6%の方が
買うという答えだったそうです。

恥ずかしがって正直に答えない人もいるとは思いますが、
日本の20歳から64歳までの男性人口が約4000万人なので、
約240万人くらいの需要があるようです。

2014年のアダルト向け出版の市場規模が418億円、前年比-3%とのことなので、
年々3%減っていくとすると(そんな単純な話ではないと思いますが)
2018年で約370億円くらいですかね。
ちなみに、エロ本の大手出版社は近々の年間で30億~40億の売上があったそうです。

これのどのくらいがコンビニでの売上かはわかりませんが、
コンビニ自体の市場規模が約7兆円、
2017年の出版物割合が1.3%で下落傾向にあることを考えると2018年を1%とします。
700億円の出版物がコンビニで売れてることにしましょう。
そのうちエロ本の割合はどのくらいでしょうか。1割だとしても70億円、結構な額ですね。

370億円のうち70億円がぶっとぶんですから、
エロ本で飯を食ってる人からすると大打撃ですね…

コンビニでエロ本を買うという人は結構限られた人なのかと思いますが、
その人たちにとっても一大事ではないのでしょうか?

そもそもコンビニで買えるくらいならどこでも買えちゃうメンタルの持ち主ですよね!
でも買えないのは買う場所が分からないという人も結構多いのでは。

全国色々なところにアダルトDVD販売店があるのでそちらで買えばいいのになぁと思います。
間違いなくコンビニより品揃えが豊富ですし。
知ってる人は知ってるけど、知らない人は全く知らないというのがアダルトDVD販売店かと。
この機会に近くのアダルトDVD販売店に足を運んでみてはいかがでしょ?
全国アダルトショップ分布図←以前の記事のリンク

販売店もコンビニでエロ本を買えなくなった人の受け皿になるチャンスなのでは?